美白成分配合の日焼け止めで夏を乗り切ろう!焼けないオススメは?

夏の季節は1年のうちで一番紫外線量が多くなる時期だと言われていますので、普段のスキンケアやメイク方法にもUVケアがしっかり行えるアイテムを取り入れることが欠かせなくなってきます。また日焼け止めは朝塗ってから効果が持続するのが約二時間程度だといわれていますので、確実に肌を焼かないためにはこまめに塗り直す必要が出てきます。そのため最近ではUVケアが同時に行える化粧下地やBBクリームなどを利用する方が増えてきているのです。
市販されている美白効果のあるBBクリームとして人気が高くなっているのが、オルビスから販売されている「ホワイトニングBB」です。一般的に販売されているBBクリームには、化粧下地やファンデーション、日焼け止めなどの成分が含まれている場合が多いのですが、この商品の最大の特徴は日中美容液成分が豊富に含まれているので、肌の潤いをしっかり閉じ込めてハリのある肌を維持することが出来る上に、夏のメイク崩れが起こりやすい季節でもサラッとした肌を維持するためにも三種類のパウダーを配合している特徴がありますので、約10時間肌がくすむこと無くメイクしたての潤いが継続すると口コミ評価でも人気が高くなってきています。
肌のくすみに悩んでいる方には、コンシーラー成分なども配合されているこの製品を利用することで肌色を整えて、メイク時間も短縮することが出来るので朝の忙しい時間のメイクにもぴったりだと忙しい女性を中心に利用者が増えてきています。
長時間屋外でスポーツをされている方などは、汗で日焼け止めが流れてしまうという場合も多いので、しっかり紫外線から肌を守るためにはウォータープルーフ仕様の日焼け止めを使用する必要があります。人気が高い商品の1つがアネッサの「パーフェクトUVアクアブースター」です。水に強くベタツキ感が無いのでスーッと全体にしっかり伸ばすことが出来るテクスチャが人気の理由のですし、石鹸を利用すれば簡単に汚れを落とすことが出来ます。

美白成分にはどんな種類がある?解説してみた。

美白成分の種類は多彩なもので、ポリフェノールの一種に分類されるものがあれば、リノール酸のように脂肪酸として知られるものまであります。身近な栄養では、ビタミンCの抗酸化作用に加えて、ビタミンEの血液サラサラ作用も有名です。食物繊維の一種としては、コンニャクに豊富なセラミドも欠かすことができません。皮膚に潤いを与える美白成分では、ヒアルロン酸やコラーゲンも重要です。

美白成分を利用するために、自然の草木から抽出する伝統が古代から受け継がれてきました。ウラルカンゾウという植物を原料にする生薬には甘草がありますが、主成分としてはトリテルペン配糖体のグリチルリチン酸を含みます。甘草は大半の漢方薬では緩和や鎮痛などの幅広い目的で使われてきましたが、グリチルリチン酸を抽出したものは、美白成分として化粧品の原料にもなります。グリチルリチン酸は抗炎症作用も発揮するため、ニキビなどの肌荒れに対処するために使われることもあります。

古代中国の時代から美容に良いとされる食材にはクコの実がありますが、漢方では枸杞子と呼ばれる生薬で、有効成分としてはベタインを含みます。このベタインも美白成分の一種ですから、クコの実を薬膳料理に入れて食べることも理にかなっています。

数ある美白成分の中では、微生物が生産する種類も有名です。コウジカビを蒸米に繁殖させると、酒造りに欠かせない米麹が完成します。この米麹を使って作る清酒からは、コウジ酸という美白成分を抽出できます。酒蔵で酒造りをする人には肌が美しい人が多いことに着目して、コウジ酸に関する注目が集まりました。コウジ酸にはチロシナーゼを抑制する働きがあるため、美白化粧品に配合されて製品化されています。

ポリフェノール類の代表格を挙げるならば、ベリー類やブドウなどの果物に豊富なエラグ酸にも注目できるでしょう。エラグ酸にもチロシナーゼを抑える働きがあるため、美白成分として抽出したものは化粧水や美白クリームの原料になります。

地黒を治したい!肌を白くする方法

元々肌の色が黒っぽい地黒の人は、最初から白くてきれいな肌になることをあきらめてしまいがちです。でも、根気よく美白ケアをすることで徐々に地黒を薄くしていくことはできます。美白ケアになるだけではなく、肌の色素沈着や黒住ができにくくなり、シミ予防にもなるので美容のためにやっておくといいでしょう。
地黒が気になる人たちが対策として飲んでいるのがビタミンCの錠剤です。抗酸化作用があるので肌の老化やシミの増加の原因になる活性酸素を除去できるうえに、コラーゲンの合成を促す作用もあるので肌に弾力が出ます。紫外線対策にUVカット機能があるサングラスを着用することも有効です。目元の肌は刺激に弱く、黒ずみが起こりやすいので、地黒の人は余計に目の周りのシミが目立つことになります。UVカット効果のあるサングラスは、レンズの色が濃い方が性能がいいと思っている人もいますが、実はレンズの色は紫外線カットには無関係です。レンズの色が濃いと瞳孔が開いてしまい、紫外線を多く吸収してしまうので、避けたほうがいいかもしれないですね。紫外線カット率という数値を参考にします。
肌のバリア機能を高めたり、ターンオーバーを促すことでメラニン色素を排出するために保湿を徹底することも忘れないようにしましょう。目の周囲の皮膚の保湿ケアには、専用のアイクリームを使います。化粧品を美白成分が配合されている、いわゆる美白化粧品に切り替えることも効果的です。美白成分を肌に与えることで色白に近づきます。美白化粧品を使うタイミングですが、日光を浴びる機会が多い昼間よりは夜間の方がいいでしょう。特に就寝前に使うのがベストです。眠っている間は成長ホルモンが分泌されるので、肌細胞の新陳代謝が活発になります。その結果、美白化粧品が肌に効きやすくなるのです。皮脂と性質がよく似ていて刺激も少なく、美白効果のあるホホバオイルでクレンジングをするいいでしょう。

【美白になりたいなら必見】メラニンを発生させない生活習慣とは?

肌トラブルにはいろいろな種類がありますが、ケアが難しいものの代表にシミやシワなどがあげられます。シミやシワが改善させるまでに時間がかかるうえに、メイクで誤魔化すのが難しいからです。無理に隠そうとするとファンデーションが厚くなり、不自然さが目立ってしまったり、逆に老けて見えることもあるので注意が必要です。ですので、シミやシワはケアすると同時に予防を意識することが大切になってきます。
シミができる大きな原因は、メラニン色素が生成され過ぎることにあります。メラニン色素は紫外線の影響で作られることが多くなります。そのため、メラニン色素の生成を抑えるために日ごろから紫外線対策を行うことが大切です。
紫外線対策と言うと、7月や8月など夏場をイメージする人が多くなりますが、1年で1番紫外線が強い時期は5月とも言われています。また、冬場でも雪による照り返しで肌が紫外線を受ける機会が多くなることもあります。ですので、1年中しっかりと対策をすることが美白対策には欠かせません。
メラニン色素の生成は紫外線を受ける以外でも行われます。衣服による摩擦や締め付け、スキンケア時に肌をパンパンと叩くことも刺激となり、メラニン色素が作られることがあるので注意が必要です。
これらの刺激を減らすには、肌の優しい素材の衣服を着用したり、スキンケアを優しく行うことが効果的です。特にスキンケアは1日に複数回行うものなので、力が加わらないよう意識するだけで、メラニン色素の発生を大幅に減らすことが期待できます。
メラニン色素が作られるのを抑えるには、美白成分配合のスキンケアアイテムを活用するのもおすすめです。アルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなど、メラニン色素の発生を抑える成分はたくさんありますが、中でもおすすめなのがプラセンタエキスです。
プラセンタエキスには、肌のターンオーバーを促す働きがあります。ですので、シミを抑えると同時にシワや肌のたるみなどにも効果的だからです。

こんがり焼いてしまう前に!メラニン色素を抑える食べ物はコレ!

肌を焼いてしまう前には、メラニン色素を抑える食べ物を吸収しておくと、抗酸化の仕組みでシミや肌荒れの予防につながります。実際に利用できる種類は豊富ですから、本格的な夏が到来する前から調達しておきましょう。

メラニン色素を抑える成分の中では、ビタミンCは特に重要な役割を担っています。この成分を効果的に含む食べ物では、レモンやミカンなどの柑橘を選ぶこともありますが、他にも使えるものは沢山あります。時間をかけて完熟させたピーマンは、青いものよりも栄養価が高いのが特徴ですが、ビタミンCの量はレモンを上回るほどに豊富です。根菜類ではジャガイモに含まれるビタミンCも非常に多いため、肌をこんがり焼いてしまう前に食べることは理にかなっています。

食べ物の中では、褐色の色彩が特徴になる赤味噌もメラニン色素を抑えるために使うことができます。味噌の例では、発酵期間が長くなるごとに成分が変化して、メイラード反応が発生します。この段階では抗酸化物質のメラノイジンが作られ、メラニン色素を抑える食べ物として利用できるようになるわけです。黒酢の場合にも同様な性質がありますから、ビタミンCも豊富な野菜と合わせてサラダで食べると健康的です。

メラニン色素を抑える食べ物には、ポリフェノールが豊富な種類も少なくありません。アントシアニンを含む食べ物では、ブルーベリーや赤紫蘇が有名です。ナスや小豆の色素もポリフェノールの一種になるため、紫外線が厳しい時期には積極的に食べると、メラニン色素を抑えるためにも役立ちます。

ポリフェノールにはエラグ酸という種類もあり、ラズベリーやイチゴなどから摂取できます。このエラグ酸にも強力な抗酸化力があり、ビタミンCと協力する形でメラニン色素を抑えてくれます。古来から珍重されているザクロにもエラグ酸が含まれていますから、選べる種類は多彩です。これらの果物類を海や山に出かける前に食べることは、メラニン色素を抑えるために有効となります。